早めに改善する眼精疲労|健康食品でスッキリアイ

男の人

疲れ目の症状、注意点

背のびする女性

疲れ目に陥った際の注意点

パソコンや読書、エアコンや風などによる乾燥などで目を酷使してダメージを受け続けると、眼精疲労となります。単なる目の疲れ、充血などといって侮っていてはいけません。眼精疲労に伴って各種の更なる症状が現れるので注意が必要です。ドライアイがその一つになります。ドライアイとは文字通り目が乾燥することです。普段は涙を調節する機能が正常に働いているために、目が極度に乾燥することはありません。しかし眼精疲労による蓄積したストレスが原因となって、自律神経が乱れ水分量のなどが狂ってきます。目を酷使することで涙が蒸発しやすく、目のバリアとしての役目を持つ涙が少なくなってきます。そうなると目の表面に傷が出来たりといったように大事に至る可能性もあります。こうした眼精疲労が今度は目の痛みに繋がり、頭痛を誘発してきます。次に肩周りの筋肉がストレスで緊張し硬くなり、肩凝りなどの不調を招くのです。パソコンやスマートフォンなど目を使うデバイスの多い現代社会では、このように眼精疲労にまつわる症状が増えてきているので注意したいものです。

目の疲れの特徴

眼精疲労とはどのような現象なのか、その特徴をもう少し掘り下げてみます。"目がかすむ"という状態は何が問題なのかは先ほども申し上げた通りです。スマホやテレビなどが原因だったのです。近くのものを注視し続けると、水晶体、毛様体周辺の筋肉の緊張状態が継続することになります。この結果眼のピント調節の働きが鈍ってしまい、その結果として目の前がボヤケるということが起こるわけです。ロドプシンという視細胞中のたんぱく質があります。この物質は目への光などの刺激で分解され、電気信号を作りだし脳に情報を送っています。眼を酷使し続けると、このロドプシンの再合成がうまくいかなくなります。こうしてオーバーワーク状態となると物が見えぬくくなってしまうのです。このような眼にとってよくない状況が続くと、近視や乱視の原因になります。最近視力が落ちたという人は多いですが、こうした所にその原因があったのです。そしてドライアイなどの危険状態を経て、緑内障や白内障といった重大な病気を招いてしまうこともあるのです。早めの対処で事態の悪化を防ぎたいものです。

目をいたわろう

目の疲れ

パソコンの作業が多い現代では眼精疲労から目の疾患に繋がりやすいです。バランスの取れた食生活、マッサージやブルーライトカットのメガネ着用で眼精疲労はかなり改善します。その上で目に良いサプリを選びましょう。有効成分が効率的に摂れるものが良いと思います。

View Detail